スワロフスキークリスタルをメインにした大人のアクセサリーグラスホルダー眼鏡チェーン専門店-CasaBlancaー












ホーム正しいメガネの使い方

 

正しいメガネの使い方

視力回復や視力維持を考えると、メガネの使い方は、軽視できない大切なことです。
視力回復にむけて正しいメガネの使い方を知っておきましょう。

近視メガネは、あくまでも「遠くがよく見える」ようにするためのメガネ。
決して近くを見るためのメガネではないのです。

視力0.1までの中程度の近視の方は、裸眼で遠くを見る際は、ぼやけると思いますが、一方、手に届く範囲やPC画面までの距離など(30~50cm)は楽に見えます。

そのため、近視の方は、メガネを普段かけている方でも、近距離の作業の場合は、メガネをグラスホルダーにひっかけておいて、めがねなしの作業をすることが一番効率的で視力にもよいといえるでしょう。

(日常生活で行っている作業の、読書・デスクワーク・PC作業・料理・勉強等の近距離作業にはメガネはなくて何の問題もない状態といえますね。)

メガネをかけっぱなしにしていることはあまり目によくないことと言えるようです。ついつい、面倒で眼鏡をかけっぱなしで、遠くを見るのも、近くを見るのも済ませてしまいがち、、、

でも、面倒がらずに、必要のない場合ははずす、そして、必要な時には掛けることが大切なんですね。


 
 
 
 

 

 

 

 

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス