スワロフスキークリスタルをメインにした大人のアクセサリーグラスホルダー眼鏡チェーン専門店-CasaBlancaー












ホームかけはずしはダメ!?

 

誤ったメガネの使い方・知識



眼鏡をかけたりはずしたりすると目に悪いって本当!?

よく、「メガネをかけたりはずしたりすると目に悪い」といった言葉を耳にしませんか。実は、これは正しいメガネの使い方の理屈から考えると、「全くの誤り(ウソ)」ということになります。

眼鏡は、目の前で屈折率を変えることによって見えるようにするレンズを用いた道具です。
つまり、かけっ放しでは、遠くを見る時と、近くを見る時で同じレンズを使用していることになるため、同じ眼鏡をかけた状態では、屈折率は自動には変えることは出来ません。

そのため、比較的画面が近くて眼鏡の必要のないPC作業などの時には、眼鏡を外すか、度の弱い眼鏡に変えた方が良いのです。 一番目に良いのは、メガネを掛け外しすることで、調整する方法といえるでしょう。
 


では何故メガネのかけはずしが悪いと言われているの?

眼鏡の掛けはずしが視力を低下させる、目に悪いと言われるのは、眼鏡をかけた瞬間に、目の筋肉の伸縮が変わるためレンズの度をきつく感じるからだといわれます。

ずっと眼鏡をはずしていれば、その状態に裸眼がなれるので、メガネを掛けたときに、きつく感じますよね。これを誤った素人判断で、度がきつく感じることイコール、目に悪い、と解釈してしまったことがこの迷信の始まりと言えるでしょう。

本当は、適度に出来るだけメガネをかけたりはずしたりすることで、視力低下を防ぐことが出来ます。(但し、強度近視の人、乱視の強い人、遠視の強い人は別)誤ったメガネの使い方は、視力回復にとって効果的ではありません。



メガネをしっかりと有効利用する際の2つのポイントをしっかりおさえようておきましょう

1. 近くが裸眼で楽に見えていれば、近くを見る時はメガネをはずす。

2. 強度の近視で、近くが裸眼では見えにくい場合は、遠くを見るメガネと近くを見るメガネを上手に使い分ける。遠くがよく見えるメガネで近くを見ると度数が強すぎることになり目が疲れますので注意しましょう。

 


眼鏡をはずす時の注意

使用するにあたっては、いつも清潔に保っておくこと。
とりはずしは両手で持って行うことがポイント。
また、必要でない時は、レンズ側を“上”にしておくこと。
使わないときはブラスホルダーやメガネチェーンに掛けておくこと。
就寝時には、ケースに入れて保護するなどの注意を忘れないようにしましょう。
 
以上をご参考に、眼鏡での快適ライフをお送りください。

 
 
 
 
 

 

 

 

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス