スワロフスキークリスタルをメインにした大人のアクセサリーグラスホルダー眼鏡チェーン専門店-CasaBlancaー












ホーム老眼(老視)って?

 

◆老眼って?


老眼(老視)とは、目のピント合わせをするレンズの役割をする水晶体の弾力性が低下して調節力が弱まったことにより、近くが見えにくくなる状態のことを指します。

40歳前後から老眼は始まります。また、これは特定の人に生じるものではなく、誰もが、年齢を重ねることでおこる目の現象の1つです。


大きい字なら楽に読めるのに、細かい字を見るのがしんどくなってきたり
本を読むときにすこし距離を置かないとしんどかったり
字がぼけるということはないのだが眼が疲れたり
首すじがはったり
夕方から字が読みにくくなったり
明るいところではそうでもないけれど照明がすこし足りないと字が読みにくかったり
近くを見ていて遠くに視線を移すとその瞬間はボケてしまい、段々ハッキリ見えるようになる。。。



そのような症状が起こったら、あなたはエイジングアイかもしれません。 そんなときには、ご自分にあったメガネを探すことをおススメいたします。年齢を重ねると、メガネのつけはずしをする必要が特に生じてくることになります。

当店では、そんな眼鏡の付けはずしを、毎日を快適におしゃれに楽しんでいただけるように
あなただけのオリジナルのホルダーをお探しいただけるように、心のこもった商品をお届けして参ります。

 
 
 
 
 

 

 

 

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス