スワロフスキークリスタルをメインにした大人のアクセサリーグラスホルダー眼鏡チェーン専門店-CasaBlancaー












ホーム眼球ストレッチ体操

 

あなたは目に負担のかからない生活を送っていますか?


まずは、知っているようであまり知らないあなたの目のパーツを少しご紹介しましょう。まず、目のピン トを合わせる働きをしているのが「水晶体」、そしてそれを支えている「毛様筋」・他にも角膜・こう彩・硝子体・網膜・視神経などがあります。ちょっと学生時代に戻ったようではありませんか。なんとなく聞いたことがおありだと思います。


 



「水晶体」「毛様筋(体)」

ここでは、すべての目の知識に触れるのではなく、特に視力に関係する目の重要パーツ「水晶体」と「毛様筋」だけをとりあげて、ちょっとだけお勉強しましょう。

 

まず、近くを見続けることによって目はどのような状態になっているのかというと。。。目の中では、「毛様筋」が緊張し、一方、「水晶体」は厚く膨らんだままの状態になります。
この状態は、実は、目に非常に負担をかけている状態なんです。

この状態は、勉強したり、読書をしたり、デスクワークやPC作業の近距離で目を使っている時におこっているんです。つまり貴方の日常生活でよくある行動は、目に非常に負担をかけているということです。

 



どのようにしたら目に負担がかからない?


繰り返しになりますが、近くを見続けると、どんどん目の疲れが増してゆくことになります。これは毛様筋の緊張状態が続くことと同じ。ですから、近くのものを見ている際にも、「時々小まめに遠くを見る」ことが大切。これが、「毛様筋の緊張を途中で緩めてあげていること=目に負担をかけていない状態」になるのです。


つまり目に負担をかけないためには、「近くのものを見る作業の合間にも、必ず遠くに視点をやる習慣を身につける」ことが大切です。


近くの作業をしたら30分に一度は遠くの山を眺めたり、メガネをつけっぱなしの作業をやめたり。目の緊張が続かないように気をつけましょう。 こうすることが目の負担を軽くする最善の方法で、視力回復にもつながるといわれています。

ストレッチ体操をするのと同じ感覚で、「目のストレッチ運動」も忘れないようにしましょう。

 


 
 
 
 
 

 

 

 

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス