スワロフスキークリスタルをメインにした大人のアクセサリーグラスホルダー眼鏡チェーン専門店-CasaBlancaー












ホーム眼鏡・コンタクト徹底比較

 

メガネ・コンタクト・レーシック比較

視力矯正のために使用される方法は、今はメガネ・コンタクト・そしてレーシックの3種類があります。数千円から数十万円でできるこれらの視力矯正の方法ですが、それらにはそれぞれ長所短所があります。上手に使い分けてあなたにあった矯正法を使用しましょう。

下記を参考にあなたにあった視力矯正方法を探してみてください。

 

 

 

安全性

 

目の健康を考えると、一番安全性が高いといわれるのは眼鏡。角膜に直接接していないために、酸素不足になることがありません。目の健康のためには眼鏡が優れています。

コンタクトレンズは、瞳に十分な酸素が供給されなかったり、レンズで角膜を傷つけてしまう危険性があります。また不衛生なレンズを着用し、感染などが発生し炎症を起こす可能性が一番高いのがコンタクトレンズとも言われています。メガネと併用することがおすすめです。レーシック手術は安全性の高い技術ですが、未だに合併症や後遺症などといった心配なニュースを耳にすることがあります。レーシックをする場合は、眼鏡やコンタクトレンズの使用といった可能性も含めて、信頼できる医師と相談しながら実際に施術を受けるかどうか決めるのがよいでしょう。

 

費用

メガネは、最近市場が拡大されているため、価格が全体的に下がっており、一方メガネの質は上がっているといえます。めがねは3つまとめて買うなどという若い世代が増えてきているのは価格の面からおしゃれにとりいれやすくなったからといえそうです。

したがって、一般的に費用の面でメリットが大きいのは、メガネといえるでしょう。その他のイントラレーシックは、平均価格が15万円以下程度になっており、以前よりは価格もずいぶんとお得になってきています。そのため、5年間で1日使い捨てタイプのコンタクトレンズは買い続ける必要があるので、5年スパンで考えてもコストがコンタクトレンズのほうがかかるといえます。2週間の使い捨てタイプのコンタクトレンズを使用した場合も10年でレーシックがよりお得になります。いずれにせよメガネがダントツ安いといえるでしょう。

 

おしゃれ

メガネに色々なタイプのものが登場するようになり、ファッションアイテムとしてかかせなくなったメガネ。TPOや気分にあわせてさりげないおしゃれを楽しめるのは、3種類のうち、メガネがトップといえそうです。

 

スポーツ

サッカーや、テニスなど激しく動くスポーツをする際には、コンタクトやレーシックのほうが望ましいといえます。メガネはレンズのため、割れる危険を伴うので注意が必要です。近年は、軽くずれにくい眼鏡も最先端技術の進歩により発売されていますが、まだまだ高価なタイプといえるでしょう。

 

温度差 冬の寒い日に外から暖かい室内へ入るとレンズが曇ります、しかし、これはくもり止め液で対処は十分に可能です。コンタクト・レーシックは湿度・温度の影響は受けないのが魅力といえます。

 

手入れ

メガネは、汚れたとき拭くだけでよく、就寝時に保管ケースが無くても問題はありません。また、コンタクトレンズは使い捨てタイプ以外は、保存液・消毒液・洗浄液などでのケアが必要で、手間が一番かかってしまいます。また、無くなる前に購入しておかないといけないといったストックの必要性もでてくるのが難点。レーシックは、手術後の点眼他、様々なケアが必要です。しかしながら、その後、目に問題が生じなければ、普段の手入れの必要は一切なくなります。しかし目の調子が悪いと感じた場合は、自己判断が出来ないため、医師に相談する以外方法はないといえます。また、レーシック手術は、手術を受けた人口が低いため、未知の世界という方も。。。。そのため、レーシック手術を受けるには、抵抗はまだまだあるといえそうです。

 


 
 
 
 
 

 

 

 

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス