スワロフスキークリスタルをメインにした大人のアクセサリーグラスホルダー眼鏡チェーン専門店-CasaBlancaー












ホーム視力検査を受けましょう

 

眼鏡の検査をしてもらいましょう
眼鏡の使用者は全国で約5000万人と言われ、メガネをかける多くの使用目的は、乱視、遠視、近視、老視、UVサングラス、または伊達メガネ(おしゃれのために度なしのレンズをかける)など様々です。
メガネを購入する際には、まず眼科医院、またはメガネ店で適切な検査をしてもらい、目的にあった眼鏡を選ぶ事が最も重要です。


屈折検査などを行った後、装用テストで、視力を検査します。数十分装着し、頭痛や眼精疲労が生じないかを確認します。物がゆがんで見えたり足元が不安定でないか、頭がくらくらしないかなどを確認します。ここでしっかりとあなたにあったメガネかどうかを体感してください。



 

メガネの度数が合えば、あとは眼鏡フレームは材質、機能がよくて軽いことが大切。そしてあなたの顔立ちに合っているか、好感がもてるかどうか、長期間使用しても心地よいか、ぼやけずはっきり見えるか、などがチェックポイントです。 メガネをかけると最初の1~2週間は、だれでも違和感がありますが、しだいに慣れていくものです。
もしも購入したものの2週間以上も違和感があったりする場合は、再度購入したところに問い合わせてみましょう。目が疲れると、肩こりや頭痛の原因になりますから、メガネを変えて頭痛や肩こりが始まったら、ひょっとしたらメガネが原因かもしれません。そういう場合は、医師の診断を受けましょう。

 
 
 
 
 

 

 

 

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス