スワロフスキークリスタルをメインにした大人のアクセサリーグラスホルダー眼鏡チェーン専門店-CasaBlancaー












ホームロジウムコーティング

 

当店のシルバー色の商品は全てロジウムコーティング(プラチナ仕上げ)が施されています。
  
では、なぜコーティングする必要があるのでしょうか?

ロジウムにアレルギーを持った人はすごく少ないため、ロジウムコーティングが施されているアクセサリーが最もポピュラーです。現在数ある日本のジュエリー専門店でも、最も多様されているコーティングの加工はロジウムコーティング(RC)です。 

アクセサリーに施されているロジウムコーティングRC加工は、金属素材の表面をきれいに見せるため、変色を防ぐため、また、コーティング前の状態の金属が溶け出してアレルギー反応が起き難くするために、アクセサリーで使用されている最もポピュラーなコーティング方法として採用されるようになったのです。ロジウムは非常に高価な貴金属であり、単独では本来最もアレルギーを起こしにくい貴金属のひとつです。一般的なアクセサリーには下地にロジウムコーティングの下地にはニッケルが使われていますが、ロジウム加工すると、その金属は変色が起きず非常に長持ちするとの定評があります。

 

 

ロジウムコーティングの長

・強度を上げて傷がつきにくくなる上に硫化を防ぎます。

・傷がつきにくくなる上にキレイな銀色の光沢を出します。

・硬いイメージを明るく柔らかい物にします。

“ロジウム”と云う金属は、硬くてとても美しい銀色の光沢を持った金属です。そうならロジウム100%でどうしてアクセサリージュエリーを作らないのでしょうか。そうお考えになるかたも多いでしょう。

本来ならロジウムでジュエリーが作れると良いのですが、ロジウムは非常に高い温度でしか熔けない上に、非常に硬いため、ジュエリー加工に向かないのです。

そのため、通常“電気コーティング”と云う方法でジュエリーの表面に施されています。 ジュエリーにはホワイトゴールド(WG)と言う金属が良く使われていますが、ホワイトゴールドは誰でもご存知の純金(24K)に白っぽくなる様な金属を混ぜて、白っぽいゴールドを作った物なのです。

当然元が金色ですから、いくら白っぽくしても黄身が残った金属、そのままだと皆さんのよく目にする白銀の色はでません。  そのため、当店の商品でなくとも、皆さんが目にするホワイトゴールド(WG)のジュエリーは、ほぼ100%と言って良いほどロジウムメッキが施されています。

 

 

“ロジウムコーティングとは?"プラチナ仕上げとは?

”これらは実は、両方とも同じロジウムコーティングのことなのです。“プラチナのように見える”とか一部のプラチナのジュエリーにもロジウムコーティングが施されている所からその様な表現が使用されるようになりましたが、実は“ロジウムコーティング”も“プラチナ仕上げ”も同じ物です。

 

 

金属アレルギーと金属について

まず、金属アレルギーとは、身につけているアクセサリーの金属が汗などでイオン化して、体内に浸透し、次に同じ金属が肌にふれると、拒否反応を起こして肌にかゆみやかぶれが起こる事です 。

よく「18金」で金属アレルギーになったと耳にしますが、金や銀・プラチナ等のいわゆる貴金属は、金属アレルギーにはなりにくい金属です。ですが、これは純度100%の純金・純銀等の場合で、アクセサリーとして加工されている金属は、加工しやすさや硬度を保つ理由から他の金属が混ざってる合金の為。たとえば、「本物の金・シルバーがいい!」と、純度の高い金・シルバーをお求めになる方も多いのですが、シルバー925は7.5%が他の金属ですし、ゴールドも同様に、純度が100%ではなく、他の金属を混ぜて、硬さをだして、アクセサリーとして仕上げているため、その含有金属が、あなたのアレルギーと一致した場合は、アレルギー反応がでてしまうのです。

ですから、「18金」や「SV925」等のアクセサリーで金属アレルギーになったからといって、金や銀にアレルギーが起こっているとは限らないのを覚えておきましょう。

 

 

アクセサリーをつけると、金属アレルギーが出てしまう人のアクセサリーの上手な楽しみ方は?

何の金属にアレルギーがあるのかを病院で一度調べるのをおすすめいたします。

人によってどの金属のアレルギーがあるかは十人十色。全ての金属にアレルギーがある方はほとんどいないので、アクセサリーを身につけると、身体にアレルギー反応がでる場合は、すぐに一度検査をしてみましょう。そしてその金属以外の金属をアクセサリーとして身につけて、ストレスなくおしゃれを安心して楽しんでください。

 

また、直接肌に触れなければ、金属アレルギー反応はほとんどの場合、出ることはありません。そのため、洋服の上から身につけるタイプのアクセサリーなどをご自身でセレクトして身につけるのもアレルギー反応が起きやすい方におすすめのアクセサリーの楽しみ方といえそうです。また、透明なマニュキュアやトップコートを肌に触れる部分のアクセサリーの裏側に、何重にか塗るのも、直接肌に金属があたらないため、次に良い方法だと言われています。

 

アレルギー反応について考えると、ロジウムはアレルギーを持つ人はごくわずかなため、最もポピュラーにコーティング加工として愛されている金属です。

 

一番上の層のコーティングがロジウムであっても、その内側にニッケル又は銅があることがアクセサリーでは一般的なため、ロジウムコーティングが長い年月で磨耗して薄くなってしまい、他の金属アレルギーで反応がでてしまうことがあります。しかしながら、ロジウムコーティングは、簡単には汗などで溶けず丈夫ではがれにくいのが特性の金属です。ロジウムコーティングは簡単にとれるものではありませんが、やはり長期使用していて、急にアレルギー反応が現れた際には、ロジウムコーティングが磨耗したためと考えられます。真鍮のアレルギーがある方は、ロジウムがはがれてきたら、アレルギーを起こす可能性は高いでしょう。真鍮も重大なアレルギーの原因になる可能性は低い金属です。アレルギーのない人にとっては、問題ありませんが、少しでもその疑いのある人は、お気をつけください。 

 

 

 

ロジウムコーティングアクセサリーの取り扱い上の注意

ロジウムコーティングの製品のお手入れには、研磨クロスなどは使用しないでください。ロジウムコートがはがれてしまう原因となります。(当ショップでは、各商品の詳細説明欄に記載しておりますが、取り扱いの際にはご注意ください。)

ロ ジウムコートで変色防止加工がしてあるといっても、温泉や薬品などで化学変化を起こしてしまう場合もあります。温泉に入るときは必ずジュエリーははずして 入りましょう。ロジウムコートに限らず、プラチナや18金、石のついたものなど、お風呂に入ると石鹸カスなどがついたり、水分が残ったりして、くすみの原因となることもあるので 温泉に限らずはずすのがベストです。

 

※他の金属について、アクセサリーに関する金属加工の違いについては、下記のコンテンツページまたは、各商品ページで使用している金属、加工も詳細を明記しております。ご参考にお読みください。



  
SHOP TOPページへ戻る

 

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス